2012年11月01日

009 RE:CYBORG

昨日は久しぶりに映画館に行ってきました!観賞したのは神山健治監督の「009 RE:CYBORG」。1週間程前まではそんなに気にしてなかったんですが、メディコムトイのアクションフィギュア、RAH(リアルアクションヒーロー)で009こと島村ジョーのフィギュアをたまたま発見。なんじゃこのイケメン009は!と人形つながりでいきなり火がついたんですよ。公開直前で今なら水曜日のレディースデイも使える!これは行かねば!といってまいりました。

ネタバレ感想は続き後にして、さらっと感想を書くと
映像がスゴイ!3D映画いいやんか!キャラが全員カッコイイ!話はちょっと抽象的?
といった感じです。

全て3Dで作ってあるとのことで、どんななってるのか少し3Dで仕事をしたことがある身としてはその辺興味深々で見たんですが、加速装置表現とかスピード感、今まであまり好きではなかった3D表現にもマッチしててすごく良かったです。大画面で3Dで見てよかったと初めて思った映画ですよ。スピード感とか戦闘シーンも良かったし、迫力も満点でした。キャラクターはこれまたみんなスゴイカッコイイというかスタイリッシュになって、美麗〜!映画を見に行く前は、009は原作・アニメ共スゴイ思い入れがあったわけではないですが、やはりこの変貌ぶりにはちょっとええー!?と思ったこともありましたが、スイマセン、全く問題ありませんでした。むしろオヤジスキー属性の私にはたまらない映画になりました。神山監督は神様ですwジェットやジェロニモ、ブリテンなんかあんた誰状態でしたが、そんなもの気にならないかっこよさです。キャラ周りに一つ文句を付けるならばピュンマとブリテンの活躍がほとんど無かったことかな。あと尺的に無理があるのは重々承知なんですが、00ナンバーズそれぞれの特徴的な活躍をこのクオリティでもっと見たかった!続編とかは無いだろうけど期待しちゃいます。ストーリーはちょっと難解でした…ラストもちょっとわかりにくいというか、これは観る人それぞれに自由に解釈せよという感じなのかしら?
他に視聴された方の感想をざっとみたところ、原作や昔のアニメにつながる(リスペクト?)ところもあるようで、原作・旧アニメファンの方ならニヤリとするシーンもあり、ストーリー自体も原作につながりうるところがあるようですね。原作ももう一度読んでみようかと思います。

京都在住の方だったらT・ジョイ京都で11/3に神山監督がご挨拶に来られるようですよ!日付的に私は無理だチクショウ・・・

これより詳しい感想は追記になります。ネタバレを多量に含みますので閲覧注意です!続きを読む
posted by 木蔦紅葉 at 11:16| Comment(0) | 雑記